FC2ブログ

ポルシェ マカン 改良新型、量産第一号車がラインオフ



ポルシェは8月30日、改良新型『マカン』(Porsche Macan)の量産第一号車が、ドイツ・ライプツィヒ工場からラインオフした、と発表した。

マカンは2013年秋、ロサンゼルスモーターショー2013において、『カイエン』の下に位置するSUVとして発表。2014年の発売以来、世界累計販売が35万台を超える成功を収めてきた。そのマカンがデビューからおよそ4年が経過し、初の本格改良を受けた。

改良新型には、最新のLEDテクノロジーを導入。LEDヘッドライトが標準装備される。リアには新たに、立体的なLEDテールライトストリップを採用。『パナメーラ』などポルシェの最新モデル同様、横一列につながる新デザインのテールランプが特徴。4灯式ブレーキランプも新しい。

インテリアでは、ダッシュボードのデザインを変更。『911』シリーズと共通の小径マルチファンクションGTスポーツステアリングをオプションで用意した。ステアリングホイールに、モードスイッチやスポーツレスポンスボタンを配置。「スポーツクロノパッケージ」の一部として、改良新型マカンに設定される。

改良新型では、さらなる走行性能を追求し、シャーシを再チューニング。ポルシェによると、走行安定性を維持しながら、快適性を向上させているという。性能を高めた新開発タイヤを採用。20インチまたは21インチのホイールもデザインを一新した。

改良新型マカンの量産第一号車が今回、ドイツ・ライプツィヒ工場からラインオフ。ポルシェは9月初頭から、1日あたりの生産台数を420台以上へ引き上げ、需要に応える、としている。



<レスポンスより引用>

RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

 

カテゴリ

openclose

最新記事

プロフィール

コードナイン

Author:コードナイン
入庫車の展示前作業工程や納車整備の作業内容などアップしていきますのでご覧になって下さい。

月別アーカイブ